眼精疲労

眼精疲労からくる頭痛。緩和させる方法はある?

パソコンやスマホなどを長時間使用したり、コンタクトレンズを使用している人にとって、目の疲れというのは深刻な問題です。特に目を休めても霞みがかった感じが取れないと感じるようであれば、眼精疲労になってしまっている可能性がとても高くなってきます。

◦眼精疲労から起こる頭痛

眼精疲労はその名の通り目の疲れです。

ではなぜ目が疲れてしまうのかというと、長時間同じ場所を見続けることによって目の周辺の筋肉が凝り固まってしまうからです。
眼精疲労は単に目が疲れているというだけでなく、そこから様々な症状を併発していきます。その代表的なものが頭痛です。
なぜ目の疲れが頭痛にまで発展していくのかというと、それは視神経をずっと集中させていることによると言われています。
神経が常に緊張状態にあるということが影響し頭痛という症状に結びついていくのです。
しかも、こうした症状は仕事でパソコンを使い始めると出てくるというように、仕事の効率を著しく下げてしまうことにもつながります。

◦眼精疲労を緩和させるには?

眼精疲労の原因である凝り固まった筋肉をほぐしてあげるということが大切になってきます。

凝り固まった筋肉のほぐし方は体の他の部分と同じです。つまり、ストレッチをして固まった部分を伸ばしてあげるのです。目の場合には、眼球を動かしたり強く目を閉じたりすることが有効です。
また、目を温めたり冷やしたりするのも効果的です。どちらも目の周辺の血管を収縮させたり弛緩させたりすることができますので、眼精疲労の緩和につながります。

ただし、目が充血していたり炎症を起こしているという場合には、温めると逆効果になってしまうこともありますので注意をしてください。

もちろん目の疲れの元になっている作業を早めにきりあげたり、きちんと休憩をはさみながら作業を行うということも重要です。

◦日常で気を付けること

眼精疲労はなってしまってからではなかなか改善が難しいものです。それは日常的に行っていることが原因となって引き起こされていることだからです。そのため、まずはパソコンやスマホの使い方を見なおすというところが必要になってきます。
例えば1時間作業をしたら10分間は必ず休憩をはさむようにする、移動中などにスマホをいじるのをやめる、といったことがあげられます。こうしたことを心がけつつ、目の疲れを治すための方法を実践していくようにすると良いでしょう。

 

目の疲れ(眼精疲労)に効くツボや関連する筋肉をほぐしていく事で

疲れを取る事は可能です。

整体、マッサージ、アロマを使ったオイルマッサージ

で疲れを取るのも1つの手です。

眼精疲労は現代病と言ってもいいぐらい、多い方が悩んでいます。

そんな方々の役にたちたいので、一緒に頑張っていきましょう。

 

ホームページTOP

柏市、松戸市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、船橋市、市川市、野田市、取手市、守谷市、印西市、足立区

駅、取手、天王台、我孫子、北柏、柏駅、南柏、北小金、新松戸、馬橋、北松戸、松戸、金町、亀有、北千住、流山、南流山、野田、梅郷、運河、江戸川台、初石、流山おおたかの森、豊四季、新柏、増尾、逆井、六実、新鎌ヶ谷、鎌ヶ谷、船橋、辺りのお客様にご利用いただいております。

当店周辺には、VAT館(バット館)、ドンキ、そごう、ビックカメラ、巻石堂病院(けんせきどう)、シミズメガネ、牛角、シダックス、ジョナサン、イトーヨーカドー、OIOI(マルイ)、高島屋、柏神社、相鉄フレッサイン、三井生命、深町病院、柏神社、

整骨院、接骨院、整形外科、寝違え、首、肩、肩甲骨、背中、腕、肘、手首、背中、腰、股関節、臀部、お尻、膝、脚、足、足首、指、骨盤の歪み、むくみ、浮腫み、リンパ、ストレッチ、矯正、改善、辛い、張り、こり、痛み、生理痛、生理不順、不妊、妊活、冷え、ぎっくり腰、坐骨神経痛、変形性膝関節症、捻挫、打撲、打ち身、挫傷、保険、治療、交通事故、むちうち、自賠責保険、ストレートネック、メニエール、自律神経、頭痛、めまい、ふらつき、吐き気、耳鳴り、眼精疲労、目の疲れ、疲れ、疲労回復、つる、こむら返り、ダイエット、シェイプアップ、デトックス、痩せ、減量、代謝、アップ、新陳代謝、部分痩せ、二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎ、すね、筋肉痛、ヒップアップ、解消、癒し、個室、駅近、周辺、隠れ家、近く、辺り、そば、不眠、冷え性、肩こり、腰痛、骨盤、歪み、骨盤矯正、乱れ、膝痛、便秘、緩和、くびれ、引き締め、試験、勉強、暗記、サロン、ボディトリ、オイルトリートメント、ボディートリートメント