クエが安くなるかも、、、。

和歌山県串本町串本の県南部栽培漁業センターで、県産親魚を使った高級魚クエの種苗(稚魚)生産が軌道に乗りだした。2011年から量産を開始、13年には目標を大きく上回る約10万匹が生産された。県は「紀州の本クエ」のブランド化を目指しており、稚魚は天然資源の安定化と増大のため、県内近海に放流されている。

 同センターは、県水産試験場が県産クエによる稚魚の生産に成功したことと那智勝浦町勝浦の県栽培漁業センター(築31年)が老朽化していたことから試験場隣に新設。11年から稼働している。公益財団法人県栽培漁業協会が県からの委託を受け、同センターで種苗を生産している。

 当初は体長3センチの稚魚を年間5万匹生産するという目標で始まった。11年は3万3800匹にとどまったものの、12年は8万9800匹、13年には目標の2倍に当たる10万匹を生産した。稚魚は希望する漁協に8月下旬ごろ配布。全長10センチ前後まで中間育成して10月以降に近海へ放流している。残った稚魚は調査用に標識放流に使っているという。

 試験場は、07年度からクエの種苗生産技術の本格研究に取り組んだ。08年と09年には他県からもらい受けた受精卵を使い、年間3万~4万匹の稚魚を生産できるようになった。

 並行して、県内の海域環境に適応しやすく、放流後の生存率が高くなると考えられている県産親魚を用いた種苗生産の研究も続けてきた。10年に量産のめどが立った。現在、県産親魚は10キロ前後のものが約30匹、試験場で飼育され採卵に備えている。

 このほか11年と12年に、12~15センチまで育てた稚魚計約2万6千匹の腹びれを切り、串本町や日高町、印南町などに標識放流している。漁獲対象の50~60センチに成長するには5、6年かかるとみられ、漁獲した場合は連絡してほしいと呼び掛けている。

 クエ 紀南地方では磯魚の最大種で、全長1・4メートル、重さ40キロを超える。鍋の具材として珍重されるが近年は生息数が激減している。生まれた時はすべて雌で10キロほどにならないと雄が出現しない。自然界で雄の比率は低いとみられ、県水産試験場ではホルモン剤を使って親魚の早期雄化を実現している。

 

食べた事無いので食べてみたいです。

柏市、松戸市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、船橋市、市川市、野田市、取手市、守谷市、印西市、足立区

駅、取手、天王台、我孫子、北柏、柏駅、南柏、北小金、新松戸、馬橋、北松戸、松戸、金町、亀有、北千住、流山、南流山、野田、梅郷、運河、江戸川台、初石、流山おおたかの森、豊四季、新柏、増尾、逆井、六実、新鎌ヶ谷、鎌ヶ谷、船橋、辺りのお客様にご利用いただいております。

当店周辺には、VAT館(バット館)、ドンキ、そごう、ビックカメラ、巻石堂病院(けんせきどう)、シミズメガネ、牛角、シダックス、ジョナサン、イトーヨーカドー、OIOI(マルイ)、高島屋、柏神社、相鉄フレッサイン、三井生命、深町病院、柏神社、

整骨院、接骨院、整形外科、寝違え、首、肩、肩甲骨、背中、腕、肘、手首、背中、腰、股関節、臀部、お尻、膝、脚、足、足首、指、骨盤の歪み、むくみ、浮腫み、リンパ、ストレッチ、矯正、改善、辛い、張り、こり、痛み、生理痛、生理不順、不妊、妊活、冷え、ぎっくり腰、坐骨神経痛、変形性膝関節症、捻挫、打撲、打ち身、挫傷、保険、治療、交通事故、むちうち、自賠責保険、ストレートネック、メニエール、自律神経、頭痛、めまい、ふらつき、吐き気、耳鳴り、眼精疲労、目の疲れ、疲れ、疲労回復、つる、こむら返り、ダイエット、シェイプアップ、デトックス、痩せ、減量、代謝、アップ、新陳代謝、部分痩せ、二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎ、すね、筋肉痛、ヒップアップ、解消、癒し、個室、駅近、周辺、隠れ家、近く、辺り、そば、不眠、冷え性、肩こり、腰痛、骨盤、歪み、骨盤矯正、乱れ、膝痛、便秘、緩和、くびれ、引き締め、試験、勉強、暗記、サロン、ボディトリ、オイルトリートメント、ボディートリートメント