「ストレス耐性」強い人の共通点は。という記事

人間が不安を感じるのは、脳の中の扁桃体という部位で、そこで感じる不安が強くなると自律神経の中枢を刺激し、発汗やふるえなどの身体症状を引き起こします。メンタルタフネスやストレス耐性の個人差は、扁桃体の感受性によって変わるみたいです。

扁桃体が不安を感じ続けると前頭葉にも不調をもたらし、「うつ」が引き起こされる
とのこと。つまり、ストレスやうつ病には、扁桃体の感受性が深く関わっているよう
だ。

基本的に、扁桃体の感受性は遺伝や成長期の環境における経験である程度は決まると考えられています。現実生活で注意できることは、睡眠不足やカフェイン、アルコールの摂り過ぎに気をつけることくらい。これらは扁桃体を刺激し、セロトニンの分泌を促してしまいますから。ただそれも悪化させないというニュアンスであって、扁桃体自体を鍛えるのは難しいとのこと。

社会人になってからメンタルタフネスを強化するのは厳しいということか。思わず落ち込んでしまいそうにもなるが、受けるストレスを減らそうとする努力より、受けたストレスをどのように発散するかが大事。

多くの人が週5日以上拘束されて労働するなかで、ストレスを感じないようにするのは非現実的。むしろ、ストレスは『受けて当然のもの』と考えるべきなのです。そのうえで、受けたストレスをどう発散していくか。その日、その週にたまったストレスを定期的に発散しきれるよう工夫を重ねることが、メンタルヘルスを向上させる最善策です

ストレスを発散するコツは?

自分のための時間を定期的に作ること。短い時間でも良いので、自分の趣味やスポーツなど、100%自分のために費やせる時間を確保しましょう。逆にいくら休みがあっても、ずっと寝ていたり、家事に追われたりではストレスは解消できません。それらを削ってでも、自分が楽しめることに没頭する時間を意識的に作ることがポイント。長さに関わらず、“自分のために時間を使えた”という実感が重要です。

1日ごと、あるいは1週間ごとに、受けたストレスを発散しきり、溜めないこと。この意識を持って生活しないとストレスは蓄積され、鬱へとつながっていくのだという。

春先は憂うつな気分や落ち込んだりする人も多くなる季節。たまっているストレスをこまめに発散し、楽しい春を過ごしましょう。

 

と書いてありました。(一部抜粋)

確かに近年鬱の方は増加傾向にあるみたいなので、リラクゼーションを受けて

リフレッシュしませんか?

柏市、松戸市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、船橋市、市川市、野田市、取手市、守谷市、印西市、足立区

駅、取手、天王台、我孫子、北柏、柏駅、南柏、北小金、新松戸、馬橋、北松戸、松戸、金町、亀有、北千住、流山、南流山、野田、梅郷、運河、江戸川台、初石、流山おおたかの森、豊四季、新柏、増尾、逆井、六実、新鎌ヶ谷、鎌ヶ谷、船橋、辺りのお客様にご利用いただいております。

当店周辺には、おいもやさん(かいづか)、おおたかの森心保育園、大堀川水辺公園、江戸川大学、豊四季駅があります。

整骨院、接骨院、整形外科、寝違え、首、肩、肩甲骨、背中、腕、肘、手首、背中、腰、股関節、臀部、お尻、膝、脚、足、足首、指、骨盤の歪み、むくみ、浮腫み、リンパ、ストレッチ、矯正、改善、辛い、張り、こり、痛み、生理痛、生理不順、不妊、妊活、冷え、ぎっくり腰、坐骨神経痛、変形性膝関節症、捻挫、打撲、打ち身、挫傷、保険、治療、交通事故、むちうち、自賠責保険、ストレートネック、メニエール、自律神経、頭痛、めまい、ふらつき、吐き気、耳鳴り、眼精疲労、目の疲れ、疲れ、疲労回復、つる、こむら返り、ダイエット、シェイプアップ、デトックス、痩せ、減量、代謝、アップ、新陳代謝、部分痩せ、二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎ、すね、筋肉痛、ヒップアップ、解消、癒し、個室、駅近、周辺、隠れ家、近く、辺り、そば、不眠、冷え性、肩こり、腰痛、骨盤、歪み、骨盤矯正、乱れ、膝痛、便秘、緩和、くびれ、引き締め、試験、勉強、暗記、サロン、ボディトリ、オイルトリートメント、ボディートリートメント